【採用プロセス別】LINE例文。インターン募集、内定者フォローなど

東京工科大学が実施した調査によると「LINE」の利用率が2年連続で99.5%を記録し、トップに。
2010年代前半まではプライベートでも、就職活動においても電話、またはメールでの連絡が一般的でしたが、スマートフォンの普及とともにLINEの利用者は大幅に増えました。

当初はプライベートの連絡手段として使われ始めたLINEでしたが、「学生の利用率が高いツールを使ったほうが、彼(彼女)からの返信が見込め、内定辞退を抑止できるのではないか、と考えられるようになり、2018年頃から企業様の多くがLINEをベースにした採用管理システムを使うようになります。

とは言え、人事担当者様が抱えている業務は「採用」だけではないでしょう。
人手不足などを背景に、採用や総務・庶務と言った複数の業務を兼任しているのが実情かと思われます。

そのため、LINEアカウントを開設したものの、文字通り手が足りず、発信するコンテンツが思い浮かばず、更新が止まってしまったりする企業様はゼロではありません。
本記事では、そのような企業様に対し「LINEで情報発信を行うときの例文」を採用活動のフェーズごとにご紹介します。