2022/07/19

本当は難しい面接。Googleも実践する「構造化面接」を明日からはじめられる方法|株式会社リブセンス

採用活動において、「面接」はとても重要な業務です。

候補者の経験や能力を引き出してミスマッチのない採用をするためだけでなく、候補者と従業員が直接接点を持つことで、募集しているポジションの役割、期待、会社の魅力をもってアトラクトし、候補者から選ばれる会社になるための役割も果たしています。

一方で、現場面接における実際のやりとりまでは具体的に把握しておらず、担当者個人の「判断」をそのまま会社の判断として見極めをおこなっている、もしくは人事が面接同席や評価確認するが手間がかかっている、とお感じになっている採用担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、株式会社リブセンスの伊藤さんに、意外と知らない「面接の精度」に関する研究結果についてや、googleも実践する「構造化面接」について寄稿いただきました。