解像度の高い社内情報を学生に提供。新卒採用で「人的資本経営」を考慮すべき理由|株式会社PR Table【セミナーレポート】

現在、労働人口が不足している日本で、政府と企業が「人的資本への投資」方針を加速させています。

政府は「人的資本への投資方針」「人材版伊藤レポート2.0」の公開、そして、2022年の8月末には「人的資本の可視化指針」を公表しました。また、企業側では、「デジタル人材採用への投資」「エンゲージメント強化」「 ダイバーシティ、リスキング教育の強化」に重点が置かれるようになりました。

そして、技術系の職種の有効求人倍率は7.84倍、経産省の調査によると2030年にはIT・DX人材が45万人不足と事態は深刻になるといったことも予測される中で、これからの企業における採用は「人(社員・採用候補者)に選ばれないと勝てない」時代になっているのです。

このような中で、一般的に投資家に向けて行われる「人的資本の開示」を、採用における求職者にも行うべきだとする考えが広まりつつあります。

本記事では、「人的資本経営×新卒採用」をテーマに、株式会社ワンキャリアの寺口氏、株式会社PR Tableの久保氏が登壇したイベントをレポート記事としてご紹介。

採用活動において人的資本開示が必要になってきた背景や、人的資本の開示を実施している企業の実例を踏まえながら、どのように採用活動における人的資本の開示を行えば良いのか具体的に解説していきます。ぜひ今後の採用活動にお役立てください。