2022/01/14

「Zoomが使えない50代課長」が会社に招いた大損失

「日本企業の多くが、二世帯同居のような感じになってきた」

この話は、ある工務店の社長から聞いた。二世帯住宅をメインに手がける住宅メーカーの社長だ。このとき使われた”二世帯同居”という表現が気に入った。

「子ども世帯と親世帯がひとつ屋根の下で同居している。そんな組織が増えてきたというイメージですか」と私が聞くと、「そうだな」とうなずいたあとに、「昔のジェネレーションギャップと、今のジェネレーションギャップは次元が違う。とても相容れない」と社長は嘆いた。

働き方改革やコロナの時代となり、外部環境が急激に変化している。そして変化についていけない人が増加し、昨今の「黒字リストラ」「新種リストラ」に繋がっている(※将来を見据えた企業構造の再構築を目的として行われるリストラのこと。業績が好調でも組織の新陳代謝を目的として人員整理が行われるが多い)。