「奇跡の採用成功」とは言わせない。はじめての新卒採用がうまくいった理由とは|エイコウ電子

eikodenshi01
エイコウ電子株式会社
総務人事部 部長  園田義之 様

 
   業種    設備工事
  従業員数   70名 (2016年5月末時点)
  採用人数   2016年卒:4人
  採用課題   はじめての新卒採用

防災無線システムの調査・施工を手掛けるエイコウ電子。防災対策に社会的関心が高まる中、会社としてもさらなる飛躍のときを迎えています。しかし、学生にとって非常にニッチな分野。そんな同社で初の新卒採用が成功した理由とは――?

 

「新しい風を吹かせたい」若い感性を頼りにスタートした新卒採用元年

当社には勤続年数の長い社員が多く、平均年齢は上がる一方でした。「若返りを図らなければ、10年先20年先の成長はない」と危機感を感じたのが、新卒採用をはじめたきっかけです。
10年後、今の経営陣の後を継いで会社の戦力となるのは、間違いなくこれから入社する若者たち。そう考えると、今回の新卒採用は当社にとって「100年企業を目指す」という決意を表すものでした。

とはいえ、これまで中途採用しかしてこなかった当社に新卒採用のノウハウは皆無。
「20代の若者が就職活動の情報源とするものは何なのか?」
「何をきっかけに彼らは心を動かされるのか?」
若者の行動傾向を知るよしもない私たちには、若い感性を持ったプロの視点が必要でした。

ネオキャリアの担当である小泉さんは、当時入社2年目。我々が求める新卒採用のノウハウと、キラキラとした若い感性を合わせ持っていました。彼女自身の経験によって裏付けられるアドバイスには、きっと若者の心を動かすヒントがある。そう信じて、当社のパートナーとして支援していただくことにしたのです。
 

任せるところはプロに任せ、出会った学生をとにかく大事に。目標を上回る4名の採用に成功!

当社のメイン事業である防災無線システムの調査・施工は非常にニッチな分野。それだけに学生との最初の接点となる就職サイトのつくりこみが重要でした。
「うちの会社が何をしてるのか理解してもらうのは難しいな…」と思っていたのですが、単なる事業の説明ではなく、社内のアットホームな雰囲気や社会的価値にフォーカスしていただいたので、学生にも当社のことがわかりやすく伝わる仕上がりになったと思います。

もう一つネオキャリアにお願いしたのが、採用業務の代行(アウトソーシング)です。一連の流れを知りたかったので、就職サイトの運用や応募者の管理、面接日程の調整、選考結果連絡などすべてお任せしました。プロに任せることで、オペレーション業務のノウハウを得ることができましたし、私自身の時間を確保できた分、学生と向き合うところに注力することができました。

特に力を入れたのが、説明会のコンテンツです。前半は通常の会社説明をおこないますが、後半は面接対策講座。しかも後半の方が長い(笑)
面接官の心を動かす話し方のポイントなどを伝え、グループワークもおこない、就活を続ける彼らにとって有益な時間になるように心掛けました。
すると、説明会後のアンケートで「今までにない会社説明会でした」と書いてもらったり、採用に至らなかった学生からも「御社の説明会で教わったことで、無事就職ができました」とわざわざメッセージをいただきました。これは嬉しかったですね。
当社の理念である「共存共栄」が、採用活動でも発揮できたと感じた一瞬でした。

任せるべきところはプロに任せて、自分が出て行くべきところにはしっかり時間を使う。
そのサイクルがうまく回り、結果として目標人数を上回る4名の採用にいたりました。
 

取捨選択を繰り返しながら、常に新しさを追求したい

初の新卒採用で採用成功――。正直ここまでうまくいくとは思ってはいませんでしたが、偶然でも奇跡でもない。すべてはやれることをやり尽くした結果です。手間を惜しまない。少しの可能性も無駄にしない。この積み重ねが実を結んだことは、大きな自信になりました。

この春に入社した新入社員は、既に社内のムードメーカー的存在です。
2017年度の新卒二期生に向けた内定者イベントや、研修プログラムを考えるのも彼らの役目。まだ見ぬ後輩のために試行錯誤する姿を見ていると「若手は任せて育つ」ということを実感します。
新卒採用は、会社としても既存社員の教育方針や社内のあらゆる環境を見直すきっかけになるので、思い切ってチャレンジしてよかったですね。

今後は仕事理解を目的とした動画制作や、学内説明会開催に向けた大学訪問など、採用の導線となる新たなチャネルの活用に注力しています。
情報の拡散性の高いSNSを用いた広告展開なども、今の時代にあったチャネルの一つだと思うので、アンテナを高く張って積極的に取り入れていきたいですね。

もちろんそこには若い感性が必要なので、引き続きキラキラした小泉さんにお力添えいただきながら、新卒採用によってエイコウ電子の50年後の未来、100年企業への道を切り拓いていきたいと思います。

eikodenshi02
 

利用サービス
就職サイト、採用アウトソーシング