売り手市場の中…「自分で見極め」インターン活況 大卒就職率

今春卒業した大学生の就職率が、景気回復などの影響で4年連続で上昇した。就職戦線が「売り手市場」になりつつある中、試験的に企業で働いてもらうインターンシップ(就業体験)を取り入れる企業も増加。過重労働を強いる「ブラック企業」を見極めミスマッチを防ごうと、学生側も積極活用しており、採用する側、される側の相互理解を深める一助となっている。

 

ecn1505190068-p1