就活戦線で今注目「有給型インターンシップ」。いち早く取り入れた京産大の取り組み

2015年の就活は近年にない売り手市場らしく、関西企業も3社に2社は採用数を増やしています。そんななか企業が力を入れているのが「インターンシップ」です。経団連の自主ルールでは、採用活動とは一切関係なく、個人情報を選考活動に使わないことを条件に5日以上の期間、学生を企業に受け入れるもの。主に企業(職場)見学を行います。