就活アイドルって何?「キチョハナカンシャ」にインタビューをしてみた

DSC_0511★
 
こんにちは。新卒WATCH編集部のすなえりです!

10月のある日、いつものように新卒WATCHに掲載するための記事を探していると、こんなタイトルが目に飛び込んできました。

“就活アイドル「キチョハナカンシャ」デビュー”

就活アイドル? キチョハナカンシャ? なにやら聞き慣れない単語ばかり……。
実態を探るべく、彼女たちにインタビューをさせてもらいました!
 

「キチョハナカンシャ」とは

“本気で内定を目指す、就活アイドル”をコンセプトに、 就職活動をしながらアイドルとしてのLIVE活動等にも励んでいく、新感覚社会派アイドル。 メンバーは全員就職活動中の女子大学生。
就職活動の様子を赤裸々に発信していくことで、就職活動の透明化を目指す。 グループ名は、就活生が企業説明会などの後に使う決まり文句「貴重なお話ありがとうございました!」の略
キチョハナカンシャオフィシャルサイトより引用)

 
本日インタビューに答えてくれるのは、ともえさん、さやさん、ゆりさん、あみさん。みなさん大学3年生で、2017年度卒業予定の就活生です。
 
それでは、早速インタビューをしてみましょう!
 

そもそもどんな活動をしているの?

DSC_0248
 
―まずは、キチョハナカンシャの活動について教えてください。

DSC_0342tomoe
ともえ:アイドルとしては、ライブ活動をおこなったり、最近はメディアの取材を受けることもあります。
表に出ていないときは、次回のライブに向けてダンス練習をしたり、週に1回ミーティングをして、どうやってキチョハナカンシャを広めていくか話しあったり……。
それからイベントの企画、SNSでの情報発信、メンバーのスケジュール管理も自分たちでやっています!
 

―大学の授業もある中で、かなり忙しそうですね。就活の方で何かやっていることはありますか?

DSC_0092★saya
さや:秋冬のインターンシップ募集がはじまっているので、応募をして面接を受けはじめています。
あとは、それぞれが自己分析をしたり、SPIやTOEICの勉強、OB・OG訪問などもしていますね。
 

なぜやっているのか

―なぜキチョハナカンシャを結成しようと思ったのですか?

DSC_0072yuri
ゆり:スケジュールの後ろ倒しとかに意見を持っている学生も多いと思うんですけど、「自分の就活に影響するんじゃないか」って考えると、なかなか外に向けて意見を言うのは難しいですよね。
そこで私たちが就活生のアイコン的存在になって、生の声を発信できればいいなと思いキチョハナカンシャを結成しました!メンバーは知人経由など、口コミで集まりました。
 

就活を意識しはじめた時期

―みなさん、就活を意識しはじめたのはいつ頃ですか?

DSC_0092★saya
さや:私は九州から東京に出てきたこともあって、「社会ってどうなってるんだろう」って不安が強くて。2年生の頃からインターンシップに参加していました。
 
DSC_0342tomoe
ともえ:私はキチョハナカンシャに入った3年生の夏に就活を意識しはじめました。この活動を始める前にインターンシップに参加したことはあったけど、その時はまだまだ先のものだと思っていました。
 
DSC_0072yuri
ゆり:私もキチョハナカンシャに入ってからです。今の時期からアイドルを始めるって言ったら、周りの親しい人たちから「アイドル活動なんてしてる時間あるの?」「就活はそんなに甘くないよ」って言われて。
就活は大変なんだということを、あらためて意識しましたね。
 
DSC_0395ami
あみ:実は私みんなより2歳年上で、同い年の友達が就活する姿を2年間見てきました。それで毎年就活の時期になると「自分もこうやって就活をするんだな」って意識してて、就職サイトにも2年前から登録してました。
インターンシップはまだ参加してないけど、行かなきゃなって思ってます。
 

就活生目線で見たインターンシップ

―インターンシップに参加したことがある方も多いんですね。
実施する企業も年々増えていますが、インターンシップについてどう思いますか?

DSC_0092★saya
さや:うーん。実際に参加してみて思ったのは、短期のインターンシップに参加したからって、必ずしも成長できるわけではないってこと。
周りの学生と出会えたり、企業の雰囲気を知れるのが短いインターンシップでできることなんだと思います。
でも面接やグループディスカッションの練習になるし、周りの就活生から刺激ももらえるので、参加してよかったです!

DSC_0072yuri
ゆり:企業側にとっては、インターンシップって就職サイトがオープンする前に自社のことを知ってもらう機会だったり、やっぱり選考の意味もあるんだろうなとは思います。
私の先輩で、インターンシップに参加したら内々定をもらったという人もいて、「インターンシップは絶対やった方がいいよ」って言われました。
失敗しても本番じゃないし、刺激にもなるし、青田買いされたらラッキーだなって思います。
 

キチョハナカンシャは今後どうなる?

―これから就活がどんどん忙しくなってくると思うのですが、どうやってアイドル活動と就活を両立させていきますか?
 
DSC_0092★saya
さや:就活が本格化したら、ライブの回数はおさえて、メディアを通して発信していくことに力を入れたいと思っています。就活をしながら、その状況をSNSで配信したり、就活生に役立つ情報を投稿していきたいですね。
オフラインというよりは、オンライン上のアイドルになっていくんじゃないかな。

 
―たとえばですけど、今後ライブと面接がかぶったらどっちを優先します?

一同:面接です!!(即答)
あくまでも就職活動の方を優先します。それで他のメンバーはとやかく言わないし、ダンスのフォーメーションも変えて柔軟に対応します。
お客さんに向けては、「本日面接のためお休みです」ってアナウンスを入れます。

 
―それはアイドルとして思い切ってますね(笑) ぶっちゃけこの活動を発信することで内定をもらえたらいいなって思いますか?

DSC_0395ami
あみそれはもう!もちろんあります。プラスにならなきゃやりません。
でもきっと「アイドルやってます」ってだけじゃどこも採用してくれないと思うので、ちゃんと活動を通して得たものを伝える力もつけていかないとダメだなって思います。

 
―ありがとうございます。最後に人事に伝えたいことはありますか?

DSC_0342tomoe
ともえ:「キチョハナカンシャは決して就活をなめているわけじゃない」ということを伝えたいです。
わざわざ顔や名前を出して活動をしているので、活動を通して私たち自身もたくさんのことを学びたいし、学んだことをきちんと発信していきたいと思っています。
全員が内定をもらうことが絶対条件なので、みんな気合い入れてやっています!

そして、就活の状況は毎年変わっていくと思うので、今後キチョハナカンシャも2018卒、2019卒と継続していけたらいいなと思っています。そのときはOGとして相談に乗りたいです。
 

まとめ

いかがでしたか?
あえて「就活アイドル」という独自のスタイルで、顔や名前を公表しながら就活することを選んだ彼女たち。

見方を変えれば、画一化する就職活動の中で生まれた学生から企業への新たなアプローチ方法だと考えることもできます。

アイドルとしても就活生としても、彼女たちの活動はまだまだスタートしたばかり。
今後どのように活躍していくのか、新卒WATCHでも引き続き注目していきます!
 

DSC_0529

キチョハナカンシャのみなさん、貴重なお話ありがとうございました!
(※快く集合写真に混ぜていただき、ありがとうございます)
 

キチョハナカンシャオフィシャルサイト
http://kichohanakansha.com/
 

この記事を書いた人:すなえり

すなえり

新卒WATCH編集部。新卒採用に関する記事を日々キュレーションしています♪週1回のメルマガ配信で、冒頭に小話を入れるのがひそかな楽しみ。 (すなえりのメルマガ登録はこちら