”難しいことは1つもない”ライフネット出口会長が説く人事戦略 STEP by STEP

こんにちは!
新卒WATCH編集部インターン、関西在住の大学4年のサトリエです。

会長
先日、ライフネット生命の出口会長にお会いする機会がありました。
生命保険業界では知らない人がいないほど有名な方なので、サトリエはかなり緊張して会長室のドアを叩きました。

出口 治明 (でぐち はるあき)プロフィール

1948年三重県生まれ。京都大学を卒業後、1972年に日本生命保険相互会社に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当するとともに、生命保険協会の初代財務企画専門委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て、同社を退職。2006年に生命保険準備会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年の生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社を開業。
Twitter : @p_hal Facebook : haruaki.deguchi
【主な著書】
「生命保険入門 新版」(岩波書店)
「生命保険とのつき合い方」(岩波新書)
「直球勝負の会社」(ダイヤモンド社)
「働く君に伝えたい『お金』の教養」(ポプラ社)
「『働き方』の教科書」(新潮社)
「日本の未来を考えよう」(クロスメディア・パブリッシング)
「全世界講義Ⅰ,Ⅱ」(新潮社)

緊張していた私に対しても、とても物腰の柔らかい方で、終始、親身に話を聞いて、就職活動について沢山の助言をしてもらいました。
もちろん就活生としてだけではなく、新卒WATCH編集部として、人事採用担当者の読者の方に役立つ、出口会長の採用哲学についてもインタビューしてきたので、今回は、出口会長との対談を通じて見えてきた人事戦略の考え方についてご紹介します。

いま採用担当の皆様は
・会社側からの要望に答えなくてはならない、
・今は売り手市場で優秀な学生が集まらない
そんな状況に悩んではいませんか?

さて、問題の根本は本当に「会社からのプレッシャー」「売り手市場」なのでしょうか?
「重い課題」採用、「新卒採用」ではなく30歳までの「定期育成採用」など、定型を飛び越え話題となるライフネット生命の新卒採用。その戦略はどうやって生み出されたのか。出口会長にずばり本質をインタビューしてみました。

STEP1. あなたは人事のプロでしょうか?

サトリエ:採用活動真っ只中で、どうやったら企業のベクトルにあった優秀な学生を採用できるのでしょうか?

まず、あなたが『人事のプロである』という自覚をお持ちなら、
このウィンドウを閉じて、ご自身の直感を信じて、これからも仕事に励めばいいのです。
そうではないという人は、みんなチョボチョボです。

チョボチョボは関西弁で、「大差ない」「似たり寄ったり」「どっちもどっち」という意味です。
人間は本質的に、面倒くさがり屋で、安易なほうに流されて、すぐに怠けてしまう生き物です。失敗を繰り返して、トライアンドエラーを重ねる中でしか人は成長しません。

STEP2. 人事のチョボチョボとは?

人事のチョボチョボはどうしたらいいのですか?

人事の仕事にもある程度は、向き不向きがあります。ただ、極端に劣っている人はいません。チョボチョボであることを悲観するのではなく、できる人事になるための努力をすればいいのです。
まずは、ロールモデルをみつけ、真似をすることから始めてみましょう。人事向けのポータルサイトを見るのも一つの有効な手段です。

STEP3. 仕組みを作る

人事はまずなにから始めればいいのですか?

会社の要望に合った学生を採用するためには、明確な基準を設ければいいのです。
例えば、大学名ではなく、大学の成績を見れば、4年間しっかり勉強をしてきたかどうか一目瞭然です。
仕組みが確立することで、社内でそのルールが共有され、他の部署の人からの評価が受けやすくなります。
その評価が悪くなれば、仕組みを変えればいいのです。
そもそも、会社の理念にあった基準を作るためには、あなた自身が会社を熟知する必要があります。そうなると、必然的に他の部署とのコミュニケーションが促され、結果的に、人事への理解・信頼を得ることができます。

STEP4. 時間軸を意識する

そうは言っても、優秀な学生だけを集めるのには限界があります。そんな状況をどう打開すれば良いのです?

そんな時は『時間軸』を意識したらいいのです。
新入社員にいつまでに一人前になってもらいたいのか、そのためには、どんな能力が必要で、どんなポテンシャルが必要なのかを洗い出します。そうすることによって、効率的に活躍してくれる人材を採用、育成できます。

いかがだったでしょうか。出口社長流人事戦略術、難しいことは1つもありません。

現役就活生の視点から

就活をしていると、本当にこの会社でいいのだろうか?自分をどうアピールしよう?と不安で押し潰されそうになります。
それと同様に、人事担当の方も試行錯誤を繰り返しながら、会社と相性の合う学生を採用しようと努力されているのだと驚きました。
就活生としては、面接担当の方が話しやすい雰囲気を作ってくださると、とても好感が持てます。
些細なことですが、それが会社の印象に繋がります。
これはお客様対応をして欲しいということではありません。学生であっても、一社会人のように接してもらえることは、自信につながります。就職活動は単なる企業選びではなく、これから社会に出ていく私たちが社会のルールを知るためのトレーニングのようなものだと思います。
ただ悲しいことに、就活生の中には面接を無断で欠席したり、入社早々に会社を辞めてしまう人がいます。
新卒採用・育成には莫大な費用がかかっていることをもっと就活生には知って欲しいです。
出口会長2

この記事を書いた人:サトリエ

サトリエ

東京から関西の大学に進んだ現役就活生のサトリエです。 1年間ヨーロッパ13カ国を1人旅するなど好奇心旺盛。趣味は裁判傍聴とサウナ。無類の珈琲好きです。新卒WATCHインターンを通して、人に伝わる文書の書き方を身につけたいです。