3月だけではもったいない!後半シーズン学生の目に止まる就職ナビサイト活用ノウハウ

navi_top
こんにちは!新卒WATCHインターンのマリナです。
企業が認知されるためのきっかけとしてもっともポピュラーな、就職ナビサイト。利用のピークは春ですが、秋採用でもぜひ有効に使いたい広報ですよね。
今回はマイナビを使って、後半シーズンでもエントリーに繋げやすい掲載のポイントをお伝えします。

春とはどう違う?学生のニーズと使い方

学生がナビサイトを利用する主な目的は、年間を通して
・企業調べ
・セミナー予約やエントリー
のふたつです。ただ、春と夏以降とでは、ユーザー層の変化に伴い、使われ方も異なってきます。まずはその違いを見ていきましょう。

「たくさんエントリーして、徐々に絞り込む」春採用

shigoto_man_casual
ナビサイトのアクティブユーザーがもっとも多い時期は3月。とくに2強であるマイナビとリクナビには、オープンに合わせてアクセスが殺到します。
春採用での特徴は、とにかく数多くエントリーすること。知名度の高い大企業から少し気になった企業まで、まずは”とりあえず”エントリー、もしくは検討リストに入れていきます

そこから企業のHPを読み込んだり、説明会に参加するなどして、志望企業を絞り込んでいく、という形です。
絞り込みに時間をかけられるため、ナビサイト上の掲載情報も、比較的じっくり読まれる傾向にあります。

後半戦のメインユーザーは効率重視

life_wakaremichi_businesswoman
春採用がひと段落すると、就職活動を終えた学生はアクセスしなくなります。つまり、まだ内定をひとつも持っていない、または内定を得ても活動継続している学生がメインユーザーとなります。
焦りや不安もあり、「なるべく早く就活を終えたい」のがこの層のホンネ。春のように時間をかけ、段階を踏んで行うといった余裕はあまりありません。したがって情報収集にも、効率のよさが求められてきます

後半シーズンでは、業界や職種など、志望先の視野を広げる手法もよく取られます。しかし近年は売り手市場の影響もあり、どちらかというと方向性を変えない傾向にあるようです。
下のグラフでは、7月1日時点における18卒学生の今後の活動方針が示されています(株式会社DISCOの調査結果より引用)。すでに選考が進んでいたり、志望度の高い企業に絞って活動する意向が強いことがわかります。予定しているエントリー社数も17卒より少なく、平均2.9社となっています。
disco20180701
また、採用フローの長さや選考までの日数も、考慮されるポイントです。

ナビサイトの強み、情報量の多さが敬遠される原因に

2017年サイトオープン時点での掲載社数は、マイナビが19,904社、リクナビが27,558社(参照:HR NOTE)。ほとんどの企業を初めて知る就活生にとって、情報量の多さは選択肢の多さとも言うことができます。

とはいえ、広大な情報の海から志望企業を見つける作業には、かなりの時間を要します。また、春採用ですでに募集を終えている企業も表示されることも、使いにくさの一因となっています。

そのため後半シーズンになると、ナビサイトでの情報収集は効率が悪いと判断する学生も。
こうした学生の多くは、就職エージェントサービスなどで仲介を受ける進め方にシフトします。私の周りでも6月後半から、大学のキャリアセンターやエージェントを利用する人が増えてきました

秋採用での掲載・活用ポイント5選!

さて、後半シーズンでもナビサイトを活かすためには、どのような工夫ができるのでしょうか。

効率よく動きたい夏以降の就活生に対しては、ナビサイトは企業の紹介よりも、「告知の場」として使うことが得策ではないかと思います。そのためには、説明会や選考の情報をわかりやすく示すことが必要です。
実際に私がマイナビ2018を利用して、「秋採用で配慮されていたら嬉しい」と感じたポイントをご紹介します。

1.企業一覧ページに「日付」を表示させる

ナビサイト上での検索結果は、次のように一覧表示されます。
navi_list

説明会や一次選考の詳細は、「説明会の予約」のアイコンをクリックして確認することができます。しかし、日程・場所の把握だけなら、一覧表示で確認できる方が便利です。
navi_seminer
このように、一覧で表示される企業コメントに簡単な情報を入れ込めば、別ページへジャンプしなくても、日程を知ることができます

2.募集職種や採用フローを秋採用向けに

夏・秋採用で再募集をかける企業のなかには、掲載内容が3月時点のままになっている企業も見られます。
追加募集に対してはとくに、「どの職種に、どれくらいの枠が残っているのか」が気にされます。あいまいな情報は、学生が尻込みしてしまう原因です。募集終了した職種はその旨を明記し、大まかでよいので採用予定枠を示すことをすすめます。
navi_bosyuu
また、選考の流れや所要日数も現時点をベースに、なるべく詳細に伝えると、選考に臨むイメージをつかむことができます。先が見えない状況にある学生にとって、こうした道筋は不安の軽減にもなります。
navi_flow

3.こまめな更新で、選考前の離脱を防ぐ

表示されている説明会が過去の日付だったり、エントリー後にしばらく連絡がないと、「もうこの企業の選考は受けられないのかも」と認識されてしまいます。とくに後半シーズンでの学生は、見切りをつけるタイミングが早くなっています。
手間ではありますが、告知内容をこまめに更新したり、最初のアクションを迅速に行うことで、取りこぼしを防げるのではないでしょうか。

4.「企業の特徴」アイコンの導入

マイナビでは、業種やエリアなどのカテゴリのほか、「企業の特徴」でも検索をすることができます。たとえば、「平均年齢が20歳代」「資格取得支援制度あり」といった項目が設けられています。
志望先が定まっていない学生は、こうした条件でも絞り込みをかけていきます。自社の情報が埋もれてしまっていると感じているならば、このオプションの導入はひとつの手だと思います。
navi_tokutyou

5.サイト内メッセージでの募集告知

ピークを終えたタイミングだからこそおすすめしたいアプローチが、ナビサイトを介したメッセージの利用です。
学生が一度エントリーした企業からのメッセージは、マイページ内の「お返事」ボックスに届きます。
navi_massage
春採用の時期には一日に何十通もの通知が届くため、全てのメールを開かない学生も少なくありません。
ラッシュが落ち着いた時期を狙って連絡することで、学生に読まれる可能性はかなり上がります。また、改めて関心を持ってもらうきっかけにもなります。

まとめ

いかがでしたか?
掲載社数の多いナビサイトでは、どうしても知名度の高い企業が目立ってしまいます。大手の採用がひと段落したこれからは、中小企業への関心が高まる時期です。
近年はスマートフォンからの閲覧も増えており、ナビサイトは効率のよい情報源とは言い切れなくなっています。しかし、就活生にとってのもっともメジャーなツールであることには変わりありません。
後半シーズンにおいては、簡潔でわかりやすい情報提示が、学生の目に留まるポイントとなります。
春採用だけでなく、年間を通してナビサイトを有効に活かすための、ご参考になればと思います。

この記事を書いた人:マリナ

マリナ

都内大学で政治学を専攻しながら、新卒WATCHインターンに参加。 よい情報を選ぶ目と、わかりやすくお伝えする力を養えるよう、日々勉強中です。美味しいものが好きな万年ダイエッター。