#STAY POSITIVE 「緊急事態宣言」で企業の採用活動はどのように変化する?


こんにちは!新卒WATCH編集部のなかがわです。
今回は緊急事態宣言を受けて、企業側がどのように採用活動を変更しているのかを記事にまとめました!

企業がどのように採用活動をしているのか、が分かれば自ずと就職活動の仕方も変わってくるはずです。みなさまの今後の就職活動にお役立ちいただければ幸いです。

TOPICS
・企業の採用活動は「オンライン」にシフト
・媒体社の「WEBセミナー」で業界・企業研究を
・いつでも、どこでも会える状況だからこそ「行動量」を最大化する

企業の採用活動は「オンライン」にシフト

4月6日に緊急事態宣言が発表されたエリアでは約80%の企業が、「業績に影響はないが、一時的にストップ」または「オンラインで対応」していると回答しました。
16日には対象エリアが全国に広がったことで、ますます「オンライン」が企業・学生双方にとって重要なキーワードとなるはずです。

「オンライン」、つまりWEB上で説明会や選考を行う企業が昨今の状況から増えてきているということです。
直接顔を合わせる、会場に行くなどの「オフライン」と比べて気軽に参加できる、交通費がかからないなどのメリットもありますが、相手の反応を読み取りにくいなどのデメリットももちろん存在します。


適性検査やES提出など、オンラインでも対応できる選考は全体的に計画通り進捗しています。
対面が主流だった会社説明会は、1,000名未満の企業の約70%が「中止」や「延期」。
一方で、1,000名以上の企業では30%以上の企業が「オンラインで対応」するなど、対応に差が見られます。

従来の就職活動と違い、非常識が常識となっています。
中止や延期を決定している企業の中から、どのように継続されている企業を見つけて就職活動すべきなのでしょうか。

媒体社の「WEBセミナー」で業界・企業研究を

1つの有効的な施策として、媒体社の「WEBセミナー」をおすすめします。
媒体社、つまりマイナビやリクナビなどの就職サイトですね。

各社、様々なWEBセミナーの企画を用意してくださっています。
また、対面での説明会や選考が難しい中ですので企業側の利用も非常に多くなっています。
大きくWEBセミナーには2種類あります。リアルタイムでの視聴を行う「LIVE型」、録画された動画を閲覧できる「オンデマンド型」です。
媒体社によって行っている企画は違いますが、興味のある企業がある際には是非視聴してみてください。

マイナビ2021

リクナビ2021

キャリタス就活2021

また、5月22日には就活クチコミサイトを運営するワンキャリア社が主催する「ONE CAREER SUPER LIVE」も実施されます。
5時間に渡り様々な企業のセッションを視聴することが可能です。

いつでも、どこでも会える状況だからこそ「行動量」を最大化する

最後にお伝えしたいことは、このような状況だからこそ「動くべきです」
何でもかんでも手をつけようというわけではありませんが、現状を嘆いても何も始まらないと考えます。

良くも悪くも昨今の影響から、WEBを通じた出会いが多く生まれています
就職活動においても同様で、多くの社会人とWEBで気軽に会える時代になりました。様々なコンテンツがWEBで無料で見れる時代になりました。
ピンチでありチャンスでもあります。是非この機会を活かしていただきたいと思いますし、そのために本記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

#STAY POSITIVE #頑張れ就活生

この記事を書いた人:なかがわ

新卒WATCH編集部。マーケティングを通じて企業とヒトを繋げたいと思ってます。料理男子を目指して休日は料理に没頭しています。Twitterやってます!