#STAY POSITIVE「今だからこそ」できることを考えよう/ネオキャリア 柳 直輝 氏


※画像は提供いただいたものです

こんにちは。株式会社ネオキャリア 新卒採用責任者の柳です。
新卒採用においてもちらほら影響が出ている、ということを耳にしますが、
「ぶっちゃけ現状どうなの?」「コロナの影響出てるの?」という点を今回は採用担当・人事としての目線でお話できればと思います。

コロナの影響は採用にどの程度出ていますか?

一言でいえば、「影響は部分的に出たが、現在はおおむね対応済み」になります。

2月、3月、4月という新卒採用のピーク期に就活イベントが軒並み中止となり学生さんとの出会いが減少し、採用の進捗も例年より遅れてしまっているのは事実です

また当社では、4月に元々設定していた選考はすべてキャンセルして、オンラインでの選考の実施へと完全に切り替えを行いました。
その対応のために、1週間程度採用活動を完全に止めていた時期があったのですが、歩留まりが発生してしまった学生さんとの接触に注力しています。

実際に当社にエントリー数自体は昨年よりも増加しており、21卒の採用はこれから出会う学生さんと如何に接触の機会を生み出すかが重要だと考えております。

採用活動は当初の計画からどのように変わりましたか?

選考フローが変更になりました。
具体的にはグループワークを無くして、適性検査を入れました。
今までグループワークを通じて、対人能力で判断していた選考基準を適性検査を用いる事でポテンシャルや志向性をベースとした選考基準に切り替えたのは逆に選考基準を見直す良い機会となりました。

これは裏話ですが、適性検査で学生さんを選考するための合格基準の再設計にはとても苦労しました。

合格基準の設計は当社にとっても、エントリーくださる学生さんにとっても今後の人生に大きく関わる大事な設計業務ですので、本来はじっくり時間をかけて設計するものになります。
ただ、限られた期間で就職活動を行わなくてはいけない就活生にとって、当社が採用活動を止める期間が長くなることは就活生の人生を左右してしまうことだと判断し、最優先事項として取り組みました。
もちろん就活生の人生に関わる仕事ですので、当初の計画からクオリティーは変えずに再度設計をしております。
それでも結果的には1週間は採用を止めるという形にはなったのですが、、、これでも爆速で進めた方ではないかと思います!w 
21卒の採用は新しく設計し直したフローでガンガン採用活動を再開しています!

今、採用において気にされていることはありますか?

22卒インターンシップの動き出しについて
本来であれば来期の採用についても動き始めないといけない時期なのですが、コロナウイルスの影響で先行き不透明ではありますね。

過去のサマーインターンシップは学生の夏休みに合わせて実施していたのですが、大学の休校期間の長期化に伴う、学業の遅れを取り戻す為に学業に専念する学生さんがいたり、アルバイトで生活費を稼ぐことに注力する学生さんが増えたりと、就職活動に影響を与える可能性も高いと思っております。
また、オンラインでインターンシップを行うとなった場合、個々人の通信環境等でインターンシップのクオリティーや、そこから得られる成長機会に個人差が出てしまうのは当社の採用活動の方針とはそぐわないです。
参加者全員に等しく成長機会を提供するためには、全員にポケットwi-fiを配るなどの対応策が必要なのでは?
などなど、考えないといけないことはたくさんあると感じています。

今の市況でも就活が上手くいってそうだと感じる学生とは?

採用担当含めみんな不安な中で「この状況で何ができるのか?」と自分なりに考えられている学生さんですかね!

コロナウイルスの影響である意味アンフェアだった就活がフェアになったと思います。
地方大学に所属している学生さんの機会が少ないといったような問題はコロナウイルスの影響により、フェアになりました。コロナウイルスの影響は就活生全員が受けている影響になるので、その中で自己研鑽を惜しまずに今やれることに注力している学生さんは伸び代を感じますね。
コロナの影響が本格的に新卒採用に出てきたのは3月頃~でしたが、その前から積極的にインターンシップなどに参加して、早期から多くの企業と接触し、意欲的に活動していた学生はあまり就活に焦っていない印象ではあります。

就活生に向けて、今だからこそやってほしいこと。

外出自粛の動きもあり、家にいる時間が長くなっていると思います。
就職活動期間に、まとまって思考できる時間というのは、とても貴重です。
本当に自分がやりたいことは何なのか? 自身の人生戦略をじっくり考えるには良い機会だと思います。

また、「働く」ということを考える上で、「いま家にいてもお金を生み出すにはどんな方法があるのか?」を真剣に考えてみるのも良いかなと思います。
今の状況でどうやったら世の中に価値貢献ができるかを考えるのは、ビジネス感覚を磨くには良い機会です。

そして一番大切なのは将来のビジョンをしっかり考えておくことではないでしょうか。
このようなタイミングだからこそWEB上では、色んなノウハウ・経験を持った人・企業が積極的に情報発信を行っております。
普段であれば間違いなく有料の講演などに行かなければ聞けないような内容やノウハウも、今は無料で公開されていたりする時代。
このチャンスに積極的にアプローチしてみてはどうでしょうか?自身の価値観の拡張に繋げる動きを取る事が重要だと思います!

「今から会おうよ。」ですぐ会える!

合同説明会などのイベントが中止され、就活の機会が減っていると感じる学生さんも多くいらっしゃると思いますが、見方を変えると、エリアによる情報格差が解消され、今までは直接企業に足を運ばなければ得られなかったクローズドな情報が、直接会いに行かなくても得られるようになりました。自身の価値観を明確にして、情報を取りにいこうと思えば何でも取りにいける時代だと僕は思います。

情報発信される場所が限定されることで、人によってはむしろ機会増加に繋がっていると思います。
人との出会いも同じで、「今から会おうよ。」ですぐZOOMなんかを繋いで会話ができるようになりました。
コロナの影響により出会いの場が減っているというのは幻想で、コミュニケーションの場がオンラインに変化したことで普段出会うことができない方々と出会うことができるようになりました。僕もオンラインになってから多くのビジネスパーソンと新たな出会いが生まれています!
今就活をしている人にとっては絶対にチャンスだと思います!
今の状況をポジティブに捉えることが就職活動を有意義に過ごす近道ではないかと思います!気軽にご相談頂ければ就活相談に乗りますので、学生の特権をフルに活用して、コロナウイルスを機会に変えていきましょう!

#STAY POSITIVE #頑張れ就活生

この記事を書いた人:なかがわ

新卒WATCH編集部。マーケティングを通じて企業とヒトを繋げたいと思ってます。料理男子を目指して休日は料理に没頭しています。Twitterやってます!